名張市 契約社員|ベアリング製造 2交替勤務 安定性・信頼性の高い評価

契約社員の登録申し込みはコチラ!!

口コミ評価の高い、大企業です。
社会的信頼が高く、福利厚生や賞与で高評価をいただいています。
製造系、物つくりが好きな人は向いています。

ご応募:Tel  : 0595-67-3410 
    Mail: mt203033@asint.jp

“名張市 契約社員|ベアリング製造 2交替勤務 安定性・信頼性の高い評価” の続きを読む

SKRライン公式アカウント開設しました。

ライン公式アカウントでは求人情報や、役に立つ情報を配信していきます。

 

お仕事情報はタイムラインで配信中です。是非ぜひこの機会に友達登録してください。

 

 

↓↓↓↓友だち追加はコチラから↓↓↓↓

   https://lin.ee/Hhhc1hD

このURLをタップまたはクリックすると、あなたのアカウントを友だち追加できます。
URLをコピーして、SNSやメールなどでシェアしましょう。
 
 
↓↓↓↓QRコードからはコチラから↓↓↓↓
 
    02

このQRコードをスキャンすると、あなたのアカウントを友だち追加できます。

QRコードをダウンロードまたはHTMLタグをコピーして、SNSやメールなどでシェアしましょう。

 

スタッフ募集う!!日払いOK❕週払い可❕求むリフト経験者!20代~50代男性活躍中|倉庫内物流作業

株式会社SKR!!有
地域No1好条件!!日払い、週払い、前払い有ります!送迎、家具家電付き、寮完備!
かんたん作業で即勤務可能!! 分からないことも聞きやすい!アットホームな職場環境!
若い年齢の方男女ともに活躍中!!!
期雇用派遣!
【場所】:伊賀市(壬生野インターから車で10分)
【時間】:8時30分~18時00分
【時給】:1200円(※研修期間中同条件)
【内容】:倉庫内検査仕分け業務。リフト作業
【休憩】:90分
【休日】:土曜・日曜・祝日・年末年始・GW・夏季休暇など(祝日は除く)
【期間】:長期(3カ月契約、基本更新)
【その他】:20代~50代までの男性スタッフが活躍中!立ち仕事、体力は必要です。服装自由。金髪、茶髪OK!
見学随時可能。詳細はお問い合わせ後、面談時にお知らせしております。

お問合せはお気軽に。

 

☆彡(゚∀゚)o☆彡○(゚∀゚)o☆彡(゚∀゚)o☆彡(゚∀゚)o☆彡

〒518-0626 三重県名張市桔梗が丘6番町1-1

  株式会社SKR 人材派遣事業

 TEL:0595-67-3410 

   : マナベまで

☆彡(゚∀゚)o☆彡○(゚∀゚)o☆彡(゚∀゚)o☆彡(゚∀゚)o☆彡

なぜ企業は副業を解禁しないのか?

副業解禁に踏み切れない企業の実体

2018年の1月から政府が働き方改革の一環として副業解禁に向けて動き出して1年半が経ちます。

正社員として働いている労働者の関心ばかりが高まる一方で、企業はなかなか解禁へは動き出せていないのが実情です。

政府は働き方の多様化を進めています。また労働者の副業への関心は88%と高いです。しかし、副業解禁に取り組まない企業は8割となっています。その理由は何なんでしょうか?

なぜ企業は副業解禁に取り組まない?

約8割の企業が副業解禁に取組む予定はないとの回答です。では、その理由とは?

1.業務に専念してもらいたい

2.疲労による業務効率の低下が懸念される

3.情報の漏洩の恐れがある

4.労働管理・事務管理が複雑で対応できない

5.どんな人材が来るかわからず、費用対効果が不明

1と2は企業の生産性に対する理由です。

副業により労働者の負担が大きくなり、その結果自社の生産性の効率が落ちると考えるからです。

3と4は管理や経理上の理由です。従来以外での雇用形態には労務管理・法の知識が必要になります。また事務処理も複雑になり、即戦力を求める企業にとってはどんな人が来るか分からないのはリスクが高いだけなのかもしれません。

企業にとって、兼業や副業をする人材の具体的なイメージが想像できないことが懸念や不安になっています。

今後の副業の解禁や推進の留意点!

上記の理由で企業が取組まない理由はわかりましたが、人材における今後の方向性として無視はできない課題です。

政府が働き方改革の一環として盛り込んだのは、企業が抱える人材の問題があるからです。労働人口は減り、人材育成や生産性の向上、人材の質や、人材の獲得という課題はどの企業も共通です。

今後取り組んでいく企業が留意していく点は少なくありません。

1.競合他社での兼業・副業は控える

2.過重労働にならない範囲にする

3.本業との相乗効果があるような仕事内容にする

4.勤務時間を考慮する

 

卸売業や不動産業、金融・保険業、学術研究・専門・技術サービス業、その他は、情報漏洩や秘密保持が必要です。

建設業や製造業、小売業・飲食店、運輸業、情報通信業、サービス業、医療福祉業は、過労の問題に留意する。

農林水産業は、生産性を高められる内容にする。

など企業と労働者が互いにメリットのある内容にすることです。

副業や兼業における課題

働き方改革には多くの企業や労働者に課題を与えています。

副業に関しても課題は多くありますが、それらを一つ一つクリアにすれば誰でも多様化した働き方をできるという事です。

企業にとっての課題は3つ

1.マッチングの困難さ

2.受け入れ態勢の未整備

3.兼業・副業への偏見

人材要件の個別性が高く人材獲得へのインフラが整っていない。

確保できる人材イメージが具体化されておらず、依頼する業務が限られてしまう。

起業秩序が乱されると懸念し、社員の帰属意識が足りなくなるのでは?とかプライドが高く、片手間で仕事する。といったマイナスのイメージがある。

 

今後マッチングサイトやインフラは市場原理から拡大し、整備は進むと考えられるが、企業内部でも人材イメージを明確化して人材に合わせた業務内容にするなどし、社内外の意識改革をおこない実際に起きてない弊害は払拭していくのが今後の課題となります。

副業は今後どうなる?

自社社員でない人間が、会社内を出入りし働いている姿に抵抗があるのが現状です。派遣社員にですら抵抗を感じる人もいるでしょう。

しかし、人口減少の加速化はすすみ、兼業や副業の受け入れと、人材不足の深刻化のどちらかの選択は迫られるでしょう。

繁忙期だけ受け入れてみたり、小時間からスタートするなどの仕組みや仕掛けを作り心理的ハードルを下げておく。必要な労働時間の規制や情報取得を同時に行い、弊害に対する啓発活動を行うことで負荷の軽減をはかることで受けれやすい態勢が整っていきます。

 

企業は多様な人材が出入りすることで活気にあふれ、外部から持ち込まれる労力と才能により、自社社員の負担は減り、生産性の向上やスタートアップが期待できます。

労働者は異なる環境下で働く事により、新しい発見や成長ができ、自身のスキルアっプにつながり、労働時間のコントロールで収入アップに期待できます。

 

上記は理想像過ぎるかもしれませんが、決して不可能ではなく、実際にお互いにとって良好な関係で副業・兼業されている方は数多くいます。ただし、時間や健康の管理は個人がするべきです。自身の健康管理ができない人には副業は向いていないともいえます。またどのような気持ちで臨むのかをイメージしてそれに合った働き方をするべきです。私自身ダブルワークの経験は多数ありますが、いい気持ちの切り替えになり、まかない飯があり食費の節約につながり、収入も増えて、得られる情報量が格段に上がり休日に遊びに行く機会が増えたり、生活にメリハリがついた私にとっては相乗効果は高かったといえます。

週の内3社4社と日替わりの出社も今後はあたりまえになるのでしょうか。

 

 

 

派遣社員はメリットが多いことが最大の魅力

派遣社員として働く前に必ず知っておいて欲しいメリットデメリット

 

『自分の都合のよい時間帯に働きたいから』  男性:27.7% 女性:30.9%

非正規の職員・従業員について今の職についた主な理由第1位です。(2019年2月速報)

次いで多い理由は

『正規の職員・従業員の仕事がないから』  男性:20.6%

『家計の補助・学費等を得たいから』    女性:22.5%

今から6年前の2013年1月は逆でした。

(非正規の職員。従業員とはアルバイトやパート、契約社員等のことです。)

 

しかし、メリットの面ばかりに目を向けていると、派遣社員から抜け出せません。

逆に、デメリットの面ばかり見ているといい仕事を見つけることもできません。

メリットとデメリットをしっかりと理解して、効率よく働きましょう。

 

とはいえ、人によってメリットになる部分とデメリットになる部分は違ってきます。

派遣社員として働く前に自分の希望や条件をしっかりと考え、派遣会社に伝えることがとても大事です。

派遣会社はその条件や希望をもとに、多くの仕事の中からあなたに合った仕事を紹介するという流れになっています。

 

派遣社員として働くメリットとは何でしょうか

 

ライフスタイルに合わせて働くことができる

正社員得くらべて派遣社員の自由度は高いです。
派遣契約上で就業場所を決めて明示することが法律で義務づけられているので「転勤」
はまずありません。
異動に関してはお互いに問題がなければあったりもしますが、絶対ではありません。
また、「短時間で働きたい」「半年だけ働きたい」「週に3日の休みが必要」という、
働く日数や時間の調整、期間を設けて働けるのは大きなメリットです。
自分に合ったライフスタイルに合わせて働けるのは派遣社員の最大の魅力です。

 

希望の仕事に就くことができる

 

派遣会社への登録や面接のときに自分の希望をつたえることで希望の仕事に就くことができます。

正社員として会社で働くことになれば、都合の良い仕事や職種に就けないこともよくあります。

「希望の勤務地で働くことができる」

「希望の職種で働ける」

「定時で帰れる」

「シフトで働く日がきめられる」

といった希望条件の中で働くことが可能となってくるのです。

また派遣社員として働いていくうち、ある一定の期間が過ぎたときや、お互いの要望が合致した際などに、

有期雇用から無期雇用に、派遣社員から正規社員への転換もあるのが特徴です。

面接で働けなかった企業に派遣社員で働けるようになり、その後正社員になった事例は少なくありません。

 

給料設定が高い

 

派遣社員は基本的に時給で働く場合がほとんどです。

一般的なアルバイトやパートタイムとくらべると高い時給設定となっています。

ボーナスや賞与がでないというかわりに時給が高いとも考えられます。

また資格等が必要な職種ではさらに高くなり、その能力や需要具合によっては短時間の勤務で倍ほどかせげたります。

その為、派遣社員として生計が立てられる人が少なくないのです。

 

トラブルがあったらすぐ相談できる

 

派遣社員は比較的ストレスの少ない職場が多いです。しかしながら職場によってはトラブルのある所もあります。

そういうとき派遣会社に相談することができます。相談窓口があったり、担当者が職場を訪れた時や電話で

いつでも出来ます。

正社員から差別された扱いをうけたり、業務内容が契約と違ったり。

正社員と同じかそれ以上にきつい仕事内容をさせられるのに給料が最低賃金だったり。

無理やりサービス残業させられたり。ハラスメントがあったり。

いざ働きはじめると思ってもみなかったトラブルに会うことがあります。

アフターフォローがしっかりとした派遣会社であれば相談窓口があったり、職場に時々担当者が来て

「問題ないですか?」と聞いてくれたりします。

以外の場合でも電話やメールで相談することができます。

派遣会社は派遣社員を守る労働組合みたいな存在で、給料や待遇の交渉も随時してくれます。

 

では派遣社員として働くデメリットは何でしょうか。

 

メリットも見方を変えるとデメリットになります。

 

中でも契約期間が短い事は、いろんな職場を経験できる事ですが雇用の不安定にもつながります。

派遣先の繁忙期のときだけであったり、欠員を補充するまでの期間だけの場合もあり、また抵触日があるので

働ける期間が決まっているのです。

派遣先からすれば外部からの労働者になるので必要な期間だけでよく都合のいい存在になり、将来の保証がありません。

もちろん救済措置はあります。契約期間については早い段階で派遣会社に相談するべきです。

 

単純な作業が多くて仕事内容がラクでもスキルアップに繋がらなかったり、ただの駒扱いと感じることもあります。

派遣先によりますが、派遣社員に対するイメージや慣習があり、個人としてみてくれない場合があります。

基本的にボーナスがありません。そのぶん時給が高かったりします。

フリーターやその日暮らしというイメージで世間体・イメージが悪いかもしれません。

 

まとめ

 

派遣社員として働く事にメリットもデメリットも存在します。

特徴的なのが

・希望の時間・期間で働く事ができる

・給料(時給)が高い

・人間関係がラク

・職場で上司に怒られる場面が少なくストレスが少ない

・トラブルがあったらすぐに相談できる

・福利厚生が正社員と変わらない

これだけありメリットの方が多いです。

また、働き方改革によって労働者の給与や待遇は同じにしなければなりません。

個人の見方や、職場によって変わるものの、自由度が高くチャンスが広がるのが派遣社員かもしれません。